PCR法では,温度の上昇・低下を繰り返すことにより目的のDNA領域を増幅する。そのために・・・




問題文の続き
この方法で用いるDNAポリメラーゼに備わっていなければならない性質とは何か。50字以内で説明しなさい。



(鹿児島14)



90℃を超える高温下で行う処理もあるため,高温でも失活しない性質が備わっていなければならない。



精子の頭部には先体という構造がある。ウニの受精における先体の働きを説明しなさい。




(札幌医科14)



精子が卵表面のゼリー層に接触すると,先体突起を伸ばす。先体突起は卵黄膜と溶かし,精子と卵の細胞膜を融合させる。



海洋の沿岸部に栄養塩類が過剰に増加するとどのような問題を起こすと予想されるか,60字以内で述べよ。




(広島14)



特定の植物プランクトンが大発生して赤潮がおこる。その大発生により魚介類が生存できなくなる。



最新記事
  • ライブドアブログ